施工実績

HOME > 施工実績:その他 > 旧塗膜の劣化による剥がれ

旧塗膜の劣化による剥がれ

ウォータースポットなどによる旧塗膜の劣化
塗装の膜が空気が入ってように浮き上がっています。

ボンネットの塗装面です

エアブローを行うとクリヤー塗装の膜が剥がれます。

旧塗膜を落とさずに上から塗装を行ってしまうとすぐに同じような症状を引き起こします。

このような場合は旧塗膜をすべて落としてしまう必要があります。

パネル全面の塗膜を剥離作業しサフェーサーを塗装したところです。

サフェーサー塗装 ⇒ 乾燥 ⇒ サフェーサーの塗膜が完全に硬化したのち研磨処理したところです。

塗装完了です

前のページに戻る